胃がんの原因は複合的なもの


胃がんの原因は複合的なもの

胃がんの原因は胃粘膜を作っている
細胞の遺伝子の異常ですが、
何が原因で遺伝子異常がおこるのか、
詳細はまだよく分かっていません。

近頃ではヘリコパクター・ピロリという
胃のなかに住んでいる細菌原因説が有力になっています。

緑黄色野菜を多く食べる人には
胃がんが少ないと言われていますが、
塩分が多い食事や薫製などが好きな人には
多いとされています。

タバコも悪影響を与えます。

恐らく、原因はひとつだけではなく、
複数の因子が影響しあって
遺伝子異常がおきるのではないかと考えられます。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式