胃がんを発見するための検査と治療法の決定


胃がんを発見するための検査と治療法の決定

検査には、その目的に応じて2種類があります。

ひとつは胃がんを見つけ、
がんであることを確認する検査、
もうひとつは治療法を決めるために
がんの広がりを調べる検査です。

胃がんを見つける検査には、
バリウムを飲むレントゲン検査(胃透視と言います)と
胃内視鏡検査(俗に胃カメラと言われています)があります。

大勢の方を短時間で調べるには胃透視が便利ですので、
通常の検診やドックなどでは
胃透視を行うことが多いようです。

バリウムは液体ですので、周囲から低い部分には
多く貯まって濃く写りますし、
周囲からふくらんだ部分ではバリウムを
はじくため薄く写ります。

胃がんの多くは周りの正常な粘膜よりふくれたり
へこんだりしていますので、
このバリウムの濃淡で診断するわけです。

バリウムを胃のなかに行き渡らせるために、
右を向いたり左を向いたり腹這いになったりして
体を動かす必要があります。

内視鏡検査は多少とも苦痛を伴いますので、
胃透視で異常があった場合の精密検査の目的で行われます。

検査時間は5~10分程度で終わり、
これによって病変部を直接観察し、
その位置や大きさのほか、深さもある程度診断できます。

また内視鏡検査で異常を認めた場合には、
その部分から組織を少し採ってきて
(これを生検と言います)専門家が顕微鏡でがんかどうかを
判断します。

これによって初めて胃がんであると
確定診断が得られるわけです。

胃がんと診断がついたあとに行う検査には、
腹部CT(コンビューター断層撮影)、腹部超音波、
胸部レントゲン写真、大腸バリウム透視などの
検査があります。

これらによって、肝転移、肺転移、リンパ節転移、
腹膜転移やすい臓などの周辺臓器への広がりを
診断することができます。

また早期がんの場合に内視鏡による切除が可能かどうかを
調べるため、胃カメラの先端に超音波装置をつけた
超音波内視鏡検査を行うこともあります。

これによって、がんが胃の壁のどこまで広がっているのか
(粘膜内のみにあるのか、粘膜下層に広がっているのか、
もっと深く固有筋層まで、広がっているのか等) を
診断するには有用な検査です。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式