胃がん手術後の食事について


胃がん手術後の食事について

冒がんの手術では、胃の入口側を切除して
食道とつなぐ手術、出口側を切除して
十二指腸とつなぐ手術、胃を全部摘出して
小腸を胃の代わりにする手術などが行われます。

従来、胃は1.3~1.4Lの容量があり、
食物を溜め胃液によって消化する機能、
消化された食物を十二指腸ヘ送り出す機能があります。

手術によって、これらの機能が変化します。

手術後に食事が再開されると、
一度に食べられる量が少なくなったことに気付きます。

手術前には昼食を700~900g食べていても、
手術後には200gで満腹になります。

時にダンピング症候群といって、
冷や汗や吐き気、腹痛などの不快な症状が起こることもあります。

通常、よく噛み、時間をかけて食べることが教えられ、
食事回数を6回に増やして栄養を維持します。

しかし、胃を切除した患者のアンケート謂査をみると、
体重が回復しない、食べられないといった
悩みが報告されています。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式