日本を代表する胃癌手術の名医、先生|濱中久尚


国立がんセンター名誉院長海老原敏先生が
自らの著書「私ががんならこの医者に行く」の中で名前を挙げている
「日本を代表する胃癌手術の名医」を紹介しています


■Dr.濱中久尚
東山会調布東山病院
消化器内科

1998年和歌山県立医科大学医学部卒。国立がんセンター中央病院等を経て現職。
内視鏡医と連携し、診断から治療までチーム医療を行っています。常勤外科医のレベルも高く、避けようが無い合併症が起こっても、早急に対応できる環境にあります。



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式