日本を代表する胃癌手術の名医、先生|山村義孝


国立がんセンター名誉院長海老原敏先生が
自らの著書「私ががんならこの医者に行く」の中で名前を挙げている
「日本を代表する胃癌手術の名医」を紹介しています


■Dr.山村義孝
愛知県がんセンター中央病院
消化器外科部部長

1969年名古屋大学医学部卒。名古屋大学医学部第二外科等を経て現職。
進行した胃がんの転移や再発で最も多い「腹膜転移」の治療で定評があり、腹膜転移の初期診断とその後の抗がん剤治療で腹膜転移の治癒を目指しています。



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式