胃の構造と役割


胃の構造と役割

胃は食道のすぐ下にある臓器で、
食べ物や飲み物は食道から胃に入り
十二指腸へ出て行きます。

この食道と胃の境界を噴門とよび、
胃と十二指腸の境界を幽門とよんでいます。

この2つの境界の間が胃の本体部分で、
袋状に大きくなっていて食べたものを蓄えたり
消化したりしています。

噴門や幽門は括約筋のようなものでできていますので、
開いたり閉じたりすることによって、
食べ物や飲み物を胃から十二指腸へ送り出す、
あるいは胃のなかに蓄えたり逆流を防ぐのに
役だっています。

この胃の壁は厚さ5mmぐらいで
5つの層からできています。

内側から順に粘膜層、粘膜下層、固有筋層、
紫膜下層、紫膜層に分かれています。

奨膜は腹腔全体を被っている腹膜の一部です


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式