静岡県立静岡がんセンター|肝臓・胆道・すい臓がんの名医・有名病院


肝臓・胆道・すい臓がんの名医・有名病院
静岡県立静岡がんセンター
上坂克彦医師

■住所

静岡県駿東郡長泉町下長窪1007

■実績・成績

年間症例数(2008年):年間総手術件数267件
肝切除術126件
膵切除術92件(うち膵頭十二指腸切除術83件)

個人累積肝切除術(術者としてのみ、助手は含まない)約400件

膵頭十二指腸切除術(術者としてのみ、助手は含まない)約160件その他。

■治療の方針と詳細

肝門部(肝臓の入口)胆管がんの診断・治療に
力をいれているのが同科の特色のひとつである。

この部位の解剖は非常に複雑で、
門脈や動脈など重要な脈管が走行し、
血管浸潤が起きやすいため、
10時間以上におよぶ非常に大きな手術となる。

世界でも年間10件以上コンスタン卜に
施行している施設はわずか。

この手術を正確な診断のもとに行い、
取り残しなくがんを除き、
肝不全を起こさせずに安全に帰す。

これを目標に最善を尽くしてきた。
在院死亡率の全国平均は数年前まで8%と、
肝不全による死亡が多かったが、
同科は肝不全数ゼ口を誇る。

もうひとつのテーマである膵臓がんは
手術単独の従来法だけでは予後の改善に限界があった。

だが、5FUに代わるジェムザール(抗がん剤)の効果が
国内外で認められ、これを用いた術後化学補助療法が
世界標準治療となって以来、成績が向上した。
同科もこの療法をとりいれ、さらに新しい補助化学療法の
臨床試験にも取り組んでいる。
また、難易度の高い膵頭十二指腸切除の
在院期間を大幅短縮した。

通常3~4週間のところを、
同科で手術を受けた人の半数は
2週間で退院とヨーロッパ並み。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式