葉酸の作用の特徴と成分について


葉酸の特徴と成分について

葉酸は、特にビタミンB12と協力して
細胞の遺伝子(DNA)の合成や細胞分裂に
関わっています。

特に妊娠中や授乳中の女性には、
胎児や乳幼児の成長に欠かせない成分とされています。

また、葉酸はB12とともに、
脊髄で赤血球が作られるのを助ける
「造血のビタミン」としての働きもあり、
これが不足すると貧血、口内炎、舌炎、
胃潰瘍、十二指腸潰瘍などになるともいわれます。

このほか、葉酸には心血管疾患や
脳卒中などの予防効果もあるといわれます。

これは肝臓で一時的に
合成されるホモシステインが血中に
流れ出すことで起こる動脈硬化を、
葉酸がホモシステインを減少させることで
防ぐためと考えられています。

葉酸は乳がんや大腸がんなど、
いくつかのがんで予防効果などがあるといわれ、
興味深い研究も報告されています。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式