癌の転移は、癌が治るサイン


免疫学を長く研究してきた安保徹・
新潟大学大学院教授は、
「転移はガンが治るサイン」といっています。


ガンの原発巣がリンパ球の攻撃を受けて悲鳴を上げ、
別のところに散らばったのが転移だというのです。

安保教授のグループは、実際に転移が起こったガンが
自然退縮して治るケースを、
治療のなかでいくつも体験しているそうです。

ガンの自然治癒、自然消滅(退縮)とは


転移によって絶望的になるか、転移によって希望を見いだすか。

そこには、天と地ほどの大きな違いがあります。

その心のありようによって、
治療効果を発揮する免疫力の
働きもまた違ってくるのだと思います


がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式