精巣がんの病期(ステージ)別の治療方法


精巣がんの病期(ステージ)別の治療方法

精巣がんの病期(ステージ)別の治療法では、
病期1ではセミノーマ、非セミノーマとも
高位精巣摘除術後に無治療経過観察されます。

定期的な腫瘍マーカーやCTスキャンで検査をし、
再発が発見された後に
化学療法を行えば完治が可能です。

セミノーマの場合には予防的に
放射線治療を行うこともあります。

病期2では、病期2Aのセミノーマに
放射線治療が選択されることがあります。

しかし、多くの施設では、
セミノーマの病期2Aを含めて
病期2は化学療法で治療されています。

化学療法後に腫瘍マーカーが正常化しでも、
画像で残存腫瘍があれば後腹膜リンパ節廓清術が行われます。

病期2Aのセミノーマに化学療法が選択される理由は、
放射線治療によりリンパ廓清術が
困難となるからです。

病期3では、化学療法が行われます。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式