精巣がん抗がん剤治療の副作用を緩和する方法


精巣がん抗がん剤治療の副作用を緩和する方法

精巣がんの化学療法に用いられる
抗がん剤の副作用を軽減するために、
いろいろな薬剤や処置が行われています。

吐き気や嘔吐に対しては、セロトニン受容体拮抗剤、
ステロイド、制吐剤が使用されます。

白血球減少に対しては、
頼粒球コロニー刺激因子製剤(G-CSF)を注射します。

血小板減少や貧血に対しては、
血小板や濃厚赤血球を輸血します。

シスプラチンは腎毒性があり
腎機能障害を起こすことがあるので、
大量の輸液をしてすみやかに
尿中に排せつさせます。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式