精巣がんの手術と抗がん剤治療


精巣がんの手術と抗がん剤治療

精巣がんの手術では、
がんができている側の精巣を摘出します。

摘出した精巣は病理検査で詳しく調べ、
組織型が決定されます。

精巣がんは集学的治療の効果が期待できるがんの代表です。

進行がんであっても、シスプラチンなどの抗がん薬が
非常によく効き、数コースの化学療法によって
転移巣が縮小したり、数が減少したりします。

抗がん薬の効果が最も上がった時期に
手術で転移巣を切除すると、
治癒す可能性が高まります。

セミノーマの原発巣を切除したあと、
転移しやすいリンパ節などに放射線を
照射することもあります。

からだのあちこちのリンパ節に転移している場合は、
頸部リンパ節は頭頸部外科医、
肺転移は胸部外科医と、専門医が交代しながら切除し、
ときには20時間に及ぶこともあります。

それだけの大手術になっても、
精巣がんの場合は治る可能性が高いことが特徴です。

<予後>

Ⅰ期であれば、ほぼ100%治ります。
転移のあるⅡ期やⅢ期でも約8O%が治ります。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式