精巣がんの特徴と抗がん剤の効果


精巣がんの特徴と抗がん剤の効果

精巣は男性の生殖器のひとつであり、
精子を生産し、かつ男性ホルモンを分泌します。

精巣にできるがんは比較的まれで、
そのほとんどは生殖細胞(胚細胞)から発生します。

なかでも多いものは、精子のもとになる細胞が
がん化するセミノーマと呼ばれるがんです。

発症者のほとんどは子どもや若い男性です。

精巣がんは進行が速いものの、
抗がん剤が効きやすいため、
転移が始まっていても
完治を目指すことができます。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せるのか?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式