再発した精巣がんの抗がん剤治療


再発した精巣がんの抗がん剤治療

BEP療法があまり効果がないときや、
治療効果がうすれてきたときには、

一般にVeIP療法を用います。
ほかにカルボプラチンやパクリタキセルなどを
用いる併用療法もあります。

これらでも効果がないときには、
超大量化学療法も検討します。

①ビンブラスチン+イホスファミド+シスプラチン(VeIP療法)

ビンブラスチン、イホスファミド、
シスプラチンの各薬を治療1~5日目に
静脈に投与します。

3週間を1クールとして何度かくり返します。

ほかに、ビンブラスチンをエトポシドに替えた
VIP療法があります。

②超大量化学療法

大量の抗がん剤を用いてがん細胞を完全に殺し、
その後抗がん剤によって損傷した
造血能力を回復するために
造血幹細胞を移植する方法です。

ただし有用性は確立していません。

海外では、この治療法にしばしば
カルボプラチンとエトポシドを用いるようです。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せるのか?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式