精巣がん治療における課題


精巣がん治療における課題

精巣がんは若い人に多く、
かつ生存率がたいへん高いがんです
(転移がない場合には90%以上、
転移があっても70%以上)。

そこで治療の際には、長期的副作用をも
考慮する必要があります。

最大の問題は生殖機能の低下です。

ほとんどの患者は抗がん剤によって
一時的に精子が生産されなくなります。

多くは回復し、産まれた子どもに異常が
生じるおそれもないとされますが、
生殖機能が回復しないこともあるので、
事前に精子の凍結保存などを
検討すべきかもしれません。

また、比較的早期のがんに行われる
後腹膜リンパ節郭清後の射精障害や、
放射線照射も不妊原因となり得ます。

精巣がんではプラチナ製剤を必ず使うため、
この薬に特有の副作用である腎臓機能の低下や
聴覚の異常も問題になります。

腎臓機能低下については十分な予防策を講じ、
異常が現れたときに薬の減量や中断も
考えるべきとされます。

まれではあるものの、二次的に白血病や
腎臓がんが発生するおそれもあります。

とくにエトポシドの総投与量が増えると発症率が高まるため、
投与量を把握しておく必要があります。

今後、長期的副作用の危険をより低下させる支持療法や
併用療法の開発が望まれます。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せるのか?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式