口腔がんとは?


口腔がんとは?

口の中の粘膜にできるがんを総称して
口腔がんと呼びます。

頭頸部のがんの中では喉頭がんと並んで多いがんです。

発生部位によって、舌がん、口腔底がん、
歯肉(歯茎)がん、頬粘膜がん、硬口蓋がんなどがあります。

最も多く過半数を占めるのが舌がんで、
好発部位は舌の側縁部、舌の下面、舌のつけ根の順です。

年間1OOO人強の人が亡くなっています。

口腔がん全体での死亡者数は年間約35OO人です。

早期の段階では8O%以上に根治が期待でき、
全体でも6O%前後と比較的良好です。
好発年齢は40~6O歳代ですが、
2O歳代でもかかることがあります。
約2対2で男性に多くみられます。

<原因>

完全に解明されていませんが、
飲酒と喫煙の量が多くなるほど発がんの危険性が
高まるといわれます。

また、口腔の不衛生、むし歯や入れ歯による刺激、
アスベストや化学薬品などとの長期間の接触も、
危険因子とされています。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式