生活習慣の改善で、がんが縮小した山下さん(仮名)のお話


生活習慣の改善で、がんが縮小した山下さん(仮名)のお話

多くの患者さんをサポートするなかで、
私には一日に何通ものメールが届きます。

1通、1通、丁寧に返信することが
私の大切な仕事ですし、
人生を左右する回答をしていることを
日々痛感しながら過ごしています。

「大変ですね」と言われることが多いですが、(笑)
その中でも、大きな喜びを感じることもあります。

それは、患者さんから「良くなったよ!」と
報告をいただくときです。

今、がんばって日々を過ごしている方々への
励みになればと思い、今日はある方の報告を紹介させていただきます。


その患者さんは、山下さん(仮名)49歳。男性の方です。

昨年の末に、胃がんと診断されました。

検査の結果、「胃の中央部に3.2cmの大きさで、
進行性のかなり悪性度の高いがん、他への転移はない」
ということが分かりました。

手術を受けるかどうか、何通かメールのやりとりをし、
「切ったうえで再発や転移を防ぐ取り組みをしましょう」
という結論に達し、ご本人も納得され、手術を受けられました。


そして、手術を終えた山下さんから、
次のメールが届きました。
 

【山下さんからの報告メール(ここから。原文そのまま)】


2011年12月13日に手術が無事終わり、
8日後に退院、術後の経過も良く日一日と回復を感じています。

さて、今日は、無事に手術が終わった報告もあるのですが、
少しびっくりするようなニュースがあります。

手術の前日12月12日に、癌細胞を開腹したときに
見失わないように内視鏡で目印をつけます。

そのときに、ほぼ1ヶ月前の検査のときより、
担当医から「癌が小さくなっていますね」と言われました。

この1ヶ月間、ユウジさんのレポートにあるように、
1日1リットルの無農薬野菜の青汁
(Amazonでヒューロンの39000円のジューサーを買いました。)、
500gのフルーツ、玄米菜食、断酒、断コーヒー、紅茶、
一日40分のジョギング、
イメトレ(光の玉が胃の中をきれいにして癌が消えていくイメージ)
ヨガ呼吸一日3セット、食べ物をドロドロになるまでしっかり噛んで、
ゆっくり味をあじわう、健康をイメージさせるアファーメーションなどなど、、、

といろいろ行った成果です!

何が効いているのか、いろいろやりすぎて分かりませんが、
これで再発防止への自信がつきました。

今は、消化に良いものを選んで食べているので、
まだその時の1ヶ月の食事に戻せていませんが、
今後じっくり取り組んでいきます。

切り取った胃の病理検査の結果も他への転移は全く無く、
表層だけのステージ1aでした。

胃は無くなって不便なことはいろいろありますが、
身体に良いものと悪いものがはっきりわかります。

悪いものを食べると、とたんにダンピング症状がでて、
トイレへ直行です。今はまだ良いもの悪いものの見極めの最中ですが、
これから逆により健康になれそうな気がしています。

いろいろサポートありがとうございました。


【山下さんのメール、ここまで】


山下さんは、手術を受ける前から、
食事の改善に取り組まれ、水素水の浄水器、
私が推奨したサプリも購入、無農薬野菜も注文されていました。

私のレポートに書いてあることも、
そうでないこともありますが(笑。でも、大切だと感じたことはやることが大切です)、
とにかく真剣に「自然治癒力の向上」に努められてきました。

その成果は、必ず結果になって現れると思っていましたし、
そうなって本当によかったと思います。


胃を無くしたダメージは、
ご本人にとっては、ものすごく大きな負担です。

しかし、胃がないということは、
そのまま食べ物の影響が腸に及ぶということです。

良いものを入れれば、腸はそのとおりに元気になり、
悪いものを入れれば、通常よりもダメ―ジを受けます。

「体に入れるものが健康に直結する」ということを、
今まで以上に強く感じていらっしゃると思います。


人間の体は、「管」で出来ています。

口はその入り口。

何を入れるかで、体の中のあらゆる管(血管や腸などを含む)の
健康状態が決まってきます。

管の表面にある粘膜からがんは生み出され、
粘膜が健やかになると、正常な細胞が強くなります。

このシンプルな「原因と結果」を意識することが
がんを治すために最も大切なことです。


日々の取り組み、いや、一食の取り組みが
身体を作っていきます。

山下さんの回復を心から祈るとともに、
このサイトを訪れる「がんを治す生き方」の読者さん全ての方、
家族の方の健康を祈っています。