外陰がんの治療と手術と5年生存率

手術が原則ですが、病期によっては
放射線療法、化学療法も行なわれます。

どの病期でも、手術の対象となります。

0期~Ⅰ期では局所切除術または単純外陰切除術などが
行なわれます。

Ⅱ期以降のがんには広い範囲の外陰摘出術が行なわれますが、
病巣の広がりに合わせて、
そけい部(太もものつけ根)リンパ節切除や
周辺臓器の切除が行なわれることもあります。

こうした手術に、放射線療法と化学療法が併用されます。

手術が不可能な人には、放射線療法や、
ブレオマイシンなどの抗がん薬による治療が行なわれます。

治療後の5年生存率はⅠ期で約80%、Ⅱ期で約6O%です。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?